真綿ふとんのイメージ画像

真綿ふとん

今、健康維持や増進に役立つ寝具として真綿ふとんが注目されています。

 

真綿ふとんは、掛けふとんに求められる保温性、吸湿性、放湿性、フィット感、軽さなど、基本的な性能を満たしているだけでなく、肌にやさしい天然素材からできています。

 

いせたでは、厳選された真綿だけを使用し、徹底した品質管理の下で製造されている西川チェーンの真綿ふとんを取り扱っています。

お問い合わせは、お電話 073-422-1101 でお待ちしております

 

真綿ふとん快適さの秘密をご覧ください。

しなやかな生地

蚕が吐き出す糸の細さはなんと髪の毛の20分の1。

他の天然繊維よりも細く、絹で織りあげられた生地はドレープ性に優れます。

お布団にした時、身体にそってくれるため肩口から外の空気が入りにくく身体を冷えから守ります

真綿ふとんの性能を示す図 羽毛ふとんより開口面積は狭く4分の1ほど。羽毛ふとんに真綿ふとんを組み合わせると保温温度は2.6度あがります

「わたぼこり」が少なく清潔

繭はぐるりと1本の繊維でできていて一粒約1500mの長繊維。

とても丈夫で切れにくいので、ほこりが出にくく、喘息やアレルギー体質の方にお勧めです。

繭のイメージ画像 綿埃がなく清潔です

ベタつかず爽やか

真綿の吸湿性は綿の約1.5倍

吸放湿性に優れた真綿は寝床内の温度上昇を抑えます。

べたつかず爽やかです

空気たっぷりで温か

1.0㎏の真綿ふとんに繭玉約3000個分を使っています。

 

何百回と手挽き(繭玉から取り出した真綿を手で薄く引き伸ばし広げる作業のこと)を重ねた中わたは、空気をたっぷりと含んだ「天然のエアコン」と呼ばれています。夏は涼しく、冬は暖かい真綿ふとんは快適なおふとんです。

 

下図は産地による手引きの回数の違い。同じ重量でも手挽き回数によってボリュームに差が出ます。

真綿のブランドによって手挽き回数が違う説明図。ボリュームに差が出るイメージを表しています

真綿ふとんは体に体にやさしい健康ふとん

1.ムレ感がなく四季を通じて快適

吸湿性は、綿の約1.5倍!繊維の間の空気層が湿度を調節。吸・放湿性抜群。

 

2.軽くてしなやか、体に自然にフィット

軽く、ソフトで、しなやか。抜群のドレープ性を発揮。

 

3.わたぼこりがなく清潔

蚕のはく糸は切れ目がないので、わたぼこちゼロ。抗菌防臭効果も。

 

4.お肌にやさしい繊維

肌への刺激が少なく、敏感肌も安心。

 

5.穏やかにリラックス

人へのストレスが少ない天然繊維。リラックス感が高まり安眠。

お